埼玉県専修学校各種学校協会

ホーム > 学校選びのポイント > 奨学金・教育ローンの活用

学校選びのポイント

奨学金・教育ローンの活用

奨学金教育ローンの活用

奨学金

日本学生支援機構
学力等の基準で第一種(無利息)と第二種(利息付)の奨学金があります。私立専門学校生の第一種は、3万円(月額)、自宅通学5万3千円、自宅外通学6万円の3種類があります。第二種は、3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から選択できます。

奨学金を受ける条件、申込の時期・方法、返還回数等が様々ですので、在学学校の担当の先生や日本学生支援機構のホームページで確認してください。

(URL)http://www.jasso.go.jp/

埼玉県高等学校等奨学金
高等専修学校及び高等課程の生徒が対象です。保護者が県内に居住しており、品行方正であって、学習意欲があり、経済的理由により修学が困難である者(学力要件はありません)が、貸与を申請できます。入学一時金10万円、25万円、月額奨学金2万円、3万円、4万円から選択できます。入学一時金と月額奨学金を別々に、あるいは一緒に申請できます。在学している学校を通して申込みしてください。

(URL)https://www.pref.saitama.lg.jp/f2204/j-s/gen-boshuu.html
(URL)https://www.pref.saitama.lg.jp/f2204/
j-s/gen-boshuu.html

母子及び寡婦福祉資金の修学資金
母子家庭等の者で、専門学校自宅通学者は月額5万3千円、高等課程自宅通学者は月額3万円が貸与されます。詳しくは、埼玉県内の福祉事務所に問い合わせてください。

(URL)https://www.pref.saitama.lg.jp/a0607/boshikafukashitsuke.html
(URL)https://www.pref.saitama.lg.jp/a0607
/boshikafukashitsuke.html

本多静六博士奨学金
本多静六博士から寄贈された秩父中津川地域の森林を活用して設立された奨学金制度で、入学一時金を約35名に30万円以内(無利息)、月額奨学金を35名に月額3万円以内(無利息)で貸与されます。詳しくは、埼玉県農林部森づくり課に問い合わせてください。

(URL)https://www.pref.saitama.lg.jp/a0905/hondashogakukinboshu.html
(URL)https://www.pref.saitama.lg.jp/a0905/
hondashogakukinboshu.html

あしなが育英会
病気や災害などで親を亡くした子供たち等を物心両面で支える民間非営利団体です。

資金の9割以上が個人の寄付金で運営されており、全国約6,100人、年間約22億円を超える奨学金を貸与しています。専門学校奨学金は月額4万円です。詳しくは、あしなが育英会のホームページ等で確認してください。

(URL)http://www.ashinaga.org/

その他
市町村の奨学金制度、新聞奨学制度、各専門学校の特待・減免・奨学金やその学校が加入している団体等の奨学金等があります。積極的に調べて活用してください。

教育ローン

国の政策「国の教育ローン」として、日本政策金融公庫が低金利・無担保で1人300万円以内の貸付を行なっています。銀行や労働金庫、各種共済、JAなど、様々な金融機関も教育ローンを行なっています。進学資金不足を嘆く前に調べてください。